着物買取に対するニーズが高まる背景

着物は、日本を代表する和の品物です。戦後、しばらくは着物は日常的な衣服として親しまれていましたが、占領軍であるアメリカからアメリカ式の生活様式が流入し、食生活にあわせて、衣料文化も一変しました。洋服が当たり前になり、着物を着る機会は卒業式や成人式、冠婚葬祭に限定されてきました。しかし、オイルショックの影響で生糸の値段が高騰したこともあり、着物の値段は高騰し、なかなか一般市民が購入することができなくなりました。このため、着物買取に対する需要が高まっています。生糸を使った手織りの着物は、希少な原料を用いて手作業で昔ながらの生産を行う、いわば伝統工芸品としての付加価値を有するようになり、一生に数回しかないフォーマルな場面で使用される高級品というステータスを獲得しました。着物の流通量は少なくなりましたが、それゆえに希少性を表に出し、その価値が高まったからこそ、新品ではない、買取品である着物買取に対するニーズが高まっていると言えます。