現代日本社会における着物の有効活用としての着物買取

着物を着る機会は、めっきり減りました。現代の日本社会においては、茶道や華道を嗜んでいる人以外にとっては、成人式の振袖や冠婚葬祭の喪服、卒業式の大正ロマンの袴、幼少期の七五三の着物やお祭りや花火大会の浴衣を着るぐらいしか機会はありません。一生のうちに数回しか着物を着用しないとなると、レンタルへの需要が高まり、これに比例して着物の需要も低くなり、その売り上げも低迷してしまいます。新品の着物は高価で簡単に購入することはできませんので、着物を持っている人が手放した着物を、リサイクル着物として販売すれば安価で購入することができます。また、最近は日本への外国人観光客だけでなく、日本に赴任する人、外国人留学生が増えていますので、リサイクル着物を日本文化の一端を示すお土産として手渡す機会が増えています。グローバル化時代の今、日本文化を世界に発信するためにも、着物は貴重な品物であり、ここに着物買取がビジネスとして成立する理由があります。着物は収納場所を取るだけでなく、お手入れもきちんとしないと虫食いの被害にあってしまいます。それであれば、着物買取専門店に持ち込み、誰かに着てもらって喜んでもらえることで着物を有効活用できます。

着物買取の専門業者だからできること
目利きがちゃんとできる人が査定に来てくれるので、思ったよりも高く売れました。